当サイトは、お金を借りることを考えている方向けに、カードローン情報をご紹介するサイトです。

お金を借りる!カードローン情報

 

 

お金を借りる豆知識

金利のどこに注目するか・・・?

 

お金を借りるにあたって、多くの人がまず注目するのは金利ですね。

 

金利は実質年率で表わされますから、借りた金額に金利の割合をかけ合わせた金額が、年間にかかってくる金利となります。

 

金利の割合自体は、当サイトでご紹介している金融機関を例にとるなら、安いところで4〜5%高いところでも10%前後です。

 

数値自体はそれほど高くはないように思いますが、これがいざ返済時になると結構な重しとなって効いてくる場合もあります。

 

つまり、金利はとにかく安い方がお得です

 

が、適用される金利割合というのは、実は一律ではありません

 

利用する金額により、また、場合によっては利用者の属性によって、若干高金利になったり、若干低金利になったりするものです。

 

大事なのは、あなたがお金を借りるとして、どの利率が適用されるのかということです。

 

金額が100万円以下の場合、適用される利率は、上限金利付近になります。

 

つまり、金利が

 

5%〜16%

 

ということになっていれば、16%に限りなく近い、あるいは16%が適用利率となると思っておいた方が良いでしょう。

 

5%といった、下の方の利率が適用される可能性があるのは貸出限度額いっぱい(たとえば300万円の融資上限額に対して300万円借りることができる場合)のときになります。

 

50万円とかの枠であれば、一番低い金利が適用されることはまずないという気持ちで審査に臨んだ方が賢明でしょう。

 

 

 

 

借りるお金の額によって金利は違うことが多い

 

既に述べたように、あなたがお金を借りるとして、あなたにいくらの利率で貸してくれるのかは、あなたが借りることのできる金額によって違ってきます。

 

ということは、たとえば、あなたが100万円以下の融資を受けたいと思っているのであれば、おそらく、適用される利率は最高利率付近ですから、当然、最高利率の低いところに着目した方が賢明です。

 

例)
A社:4%〜18%
B社:6%〜15%

 

上記の場合、A社の方が、最低利率が4%ですから、A社にしたいところですが、借りる額が、100万円以下の場合だと最高利率付近になるケースが多いですから、B社の15%の方が低金利でお金を借りることができるかもしれません。

 

このように考えると、申し込む優先順位が決まってきます。
くれぐれも最低利率だけに着目しないように気をつけましょう。

 

 

*文章内に書いてあることは、金利の適用利率を保証するものではありません。適用利率は、各社の審査により、融資可能な場合に決定されるものです。

 

 

 

銀行窓口とネット申し込み

従来であれば、銀行の融資担当窓口に直接出向き、融資の要件を説明し、保証人や担保を探して何週間もかけて審査を受け、審査通過ならば、やっとお金を借りることができたのですが、最近では、インターネットを利用したカードローンの申し込みが大変多くなってきてます。

 

急な入用の場合に、一カ月も二カ月も待たされると支払えるものも支払えない状況になってしまいがちですが、インターネット経由での申し込みであれば、かなりスピーディにことが運びます。

 

中には、申し込んだらすぐに、仮審査の結果がわかるというサービスを展開しているところもあります。

 

こうした金融機関側のサービス体制の拡充もあり、当サイト経由でのお申し込みも月を追うごとに増加傾向にあります。

 

また、最近では、当サイトでもご紹介しているような、日本を代表するような大銀行のカードローンもインターネット経由でお申し込みが可能であるため、地元の銀行の窓口に出向く必要性もかなり薄らいできているようです。

 

お金をカードローンで借りる!口コミ情報

カードローンの便利さ

 

 

カードローンというものは知っていましたが、今まで利用した事はありませんでした。

 

私はお金を借りるという行為に不安や恐怖がありました。

 

なんだかずっと支払いをしていかなければいけない、借金地獄のようなイメージが勝手に出来上がっていました。

 

それにカードすら持っていなかったし、特に興味も必要性も感じていませんでした。

 

ですが、主人が事故を起こしてしまい、被害者の方にお金を支払わなくてはならなくなってしまいました。

 

突然まとまったお金が必要になってしまい、でも貯金もあまりなく借りるつてもない。

 

どうしようか悩んでいました。

 

友人に相談したところ、カードローンの申請をしてみたらどうかと言われました。

 

それから色々友人に教えてもらい、カードローンにも種類や会社もたくさんある事を知りました。

 

その中でも、私は銀行のカードローンが一番信用も出来るし安心だと思い、さっそく銀行へ申請に行きました。

 

銀行員の方にも親切に説明して頂き、安心して手続きが出来ました。

 

初めての申請だったので、審査が通るかどうか、とてもドキドキしながら待っていました。

 

その後、数週間してから、審査通過しましたとの連絡を頂き、これでお金が支払えると、とてもほっとしました。

 

さっそく届いたカードを持って銀行に行き、お金をおろしました。

 

なんだか自分のお金じゃないのに、カードでお金をおろしている事がすごく不思議な感覚でした。

 

そして無事被害者の方にお金をお支払いし、事なきを得ました。

 

一度使ってみると、今までのローンに対する恐怖だとか不安がウソの様で、その後も何かあるたびにカードローンを利用するようになりました。

 

突然のお金の要りようの時にとても便利で、なんで今まで興味持たなかったのかなと思うくらいでした。

 

毎月自分で決めた金額を返済するので無理をしなくてはいけない事もないですし、余裕がある時は多めに返済する事も可能で、そこもとても便利でした。

 

でも、いくら便利だからといっても、自分の貯金を下ろして使っているわけでもなく、あくまでも銀行から借り入れている事を忘れてはいけません。

 

あまりに簡単にお金を引き出せますので、自分の口座から引き出しているような錯覚に陥りそうになります。

 

そこで本当に陥ってしまうと、それこそ借金地獄になってしまうんだと思います。

 

借りては返し、返しては借りの繰り返しだけはしたくなかったので、それだけを念頭に置き、どうしても必要な時にだけ使うようにしていました。

 

そうする事で、カードローンの便利さを感じる事も出来ますし、上手に使っていく事が出来ると感じています。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ